コンテンツにスキップする

【NY外為】ドル指数上昇、円も買われる-リスクテーク意欲低下

更新日時

22日のニューヨーク外国為替市場ではドル指数が上昇。一時マイナス圏で推移した後に値を戻した。貿易と経済成長の見通しが陰り、世界的に株安が広がる中で円が買われた。原油相場の下落で資源国通貨は値下がりした。

  国際通貨基金(IMF)が前日、最新の世界経済見通しで2019年の世界の成長率予想を引き下げたことが円買いを誘った。英国の9-11月の賃金上昇率が金融危機以来の最高となったことなどを受け、ポンドも高い。
  
  中国証券監督管理委員会(証監会)の方星海副主席は、スイスのダボスで開催の世界経済フォーラム(WEF)のパネル討論会で、中国が米国債保有を減らす公算は小さいと述べた。

  クドロー米国家経済会議(NEC)委員長は、中国当局者との貿易準備会合が交渉の進展欠如のため中止されたとの英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)の報道を否定。また、マコネル共和党上院院内総務は民主党が主導する2月8日までの暫定予算案について、採決の予定を24日に設定した。同氏はこれまで、トランプ大統領が合意しない限り、上院は同案を採決しないとの方針を示していた。

  ニューヨーク時間午後4時43分現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.1%高。ドルは対円で0.3%安の1ドル=109円37銭。ポンドは対ドルで0.5%高の1ポンド=1.2954ドル。ユーロはドルに対して0.1%未満の下げで1ユーロ=1.1360ドル。

欧州時間の取引

  ドル指数が上昇し、昨年10月以降で最長の連続上昇局面となる勢いを示した。世界的なリスクが長期に及び、安全資産に資金を避難させる動きが広がった。

原題:Dollar Ekes Out Gain as Risk Appetite Wavers: Inside G-10(抜粋)
Dollar Gains as Commodity Currencies Stay Defensive: Inside G-10(抜粋)

(詳細を追加し、相場を最新にして更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE