コンテンツにスキップする

不在でもダボスで存在感、70%税率提唱したオカシオコルテス米議員

  • 富裕層への高税率適用、大統領選まで議論続きそう-ダリオ氏
  • 経済には「壊滅的な打撃」-モーリス氏は問題を指摘

スイスのダボスで開かれた世界経済フォーラム(WEF)に出席していないのに、そこで存在感を見せている人物がいる。昨年の米中間選挙で初当選したアレクサンドリア・オカシオコルテス下院議員だ。

  最年少の同議員(民主、ニューヨーク州)は3週間前、富裕層に最大70%の所得税を課すよう提唱した。ブリッジウォーターの創業者、レイ・ダリオ氏はこの構想をめぐる議論は次回大統領選挙まで続くかもしれないと指摘した。

Demonstrators Take Part In 3rd Annual Women's March On NYC

アレクサンドリア・オカシオコルテス下院議員

撮影: Jeenah Moon/Bloomberg

  ダリオ氏は世界経済の成長が減速するとの見通しについて話す中で、来年は「政治について考え、それが将来の経済政策にどう影響するのか検討し始める年になるだろう。例えば70%の所得税をめぐる議論は、一段と大きな役割を担いそうだ」と述べた。オカシオコルテス議員の名前には言及しなかった。

  オカシオコルテス議員は6日のCBSの番組で、一部の納税者に正当な負担を課す必要があるとして、「所得が1000万ドル(約11億円)に達した最も裕福な人々は、60%や70%の所得税を払ってもおかしくないだろう」と述べていた。

  ダボスに集まったエリートたちの中には、このテーマを忌み嫌う人がいるかもしれない。投資銀行、モーリスのケン・モーリス最高経営責任者(CEO)は「経済にとっては壊滅的な打撃を与えるだろう」とブルームバーグテレビジョンとのインタビューで批判。労働者には働くための動機付けが必要であり、70%税率が適用される所得水準について共働きの家計はどうするのか問題があると説明した。

原題:Ocasio-Cortez Buzz Hits Davos With Talk of 70% Tax-Rate Plan (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE