コンテンツにスキップする

米アーコニック:身売り断念、アポロとの交渉まとまらず-株価は急落

航空宇宙や建設向けアルミニウム製品メーカー、米アーコニックは22日、身売りしないことを明らかにした。同社はプライベートエクイティー(PE、未公開株)投資会社と数カ月間にわたり身売り交渉を重ねてきたが断念した。米国株式市場で同社の株価は急落した。

  同社は発表文で「株主や他の利害関係者に最大の利益をもたらすと当社が信じる全社的な取引の提案はなかった」と説明した。ブルームバーグ・ニュースがこれまで報じたところでは、PE投資会社アポロ・グローバル・マネジメントは100億ドル(約1兆943億円)超規模でアーコニックを取得することで協議していた。

  突然の身売り断念は同社を巡る不透明感を一段と強めた。ニューヨーク時間午前10時39分現在、同社の株価は前営業日比16%安の17.14ドル。

  アーコニックは今後、業務改善とすでに発表したビルディングシステム部門の売却に集中していく方針を示した。

原題:Arconic Plunges After Abandoning Sale Plan as Offers Disappoint(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE