コンテンツにスキップする

米中古住宅販売:昨年12月は約3年ぶり低水準-予想も下回る

更新日時

昨年12月の米中古住宅販売件数は、約3年ぶり低水準に減少。市場予想も下回った。

  全米不動産業者協会(NAR)が22日発表した12月の中古住宅販売件数は、季節調整済み年率で前月比6.4%減の499万戸。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は1.5%減の524万戸だった。

U.S. home sales slumped to a three-year low in December

  中古住宅価格(中央値)は前年同月比2.9%上昇して25万3600ドル。価格の上昇率は2012年2月以降で最低。一方で在庫は前年同月比で増加した。

  中古住宅販売は2018年通年では534万戸と、15年以来の低水準だった。

  NARのチーフエコノミスト、ローレンス・ユン氏はワシントンでの記者ブリーフィングで、労働市場が力強い状況にもかかわらず販売が減少していることについて、「値ごろ感は職よりも重要だ」と述べた。

  販売に対する在庫比率は3.7カ月で、前月(3.9カ月)から減少した。

  統計の詳細は表をご覧ください。

原題:U.S. Home Resales Fall to Three-Year Low, Missing Estimates (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE