コンテンツにスキップする

テンセントと網易のゲーム、再び認可されず-長期化懸念も

  • 国内ゲーム93タイトルの認可リストに両社の記載なし
  • 9カ月に及ぶ認可凍結が解除された昨年12月も含まれていなかった

中国当局が今月認可したオンラインゲームに、中国のテンセント・ホールディングス(騰訊)とネットイース(網易)のタイトルがまた入らなかった。ヒット作で収益を得るのに不可欠な認可の取得が予想以上に長引くとの懸念が広がっている。

  国家新聞出版広電総局の通知によると、新たにライセンスが付与された93の国内ゲームのリストに、テンセントとネットイースがいずれも記載されていなかった。9カ月に及ぶ認可凍結が解除された昨年12月に承認を受けた164タイトルにも両社は入っていなかった。

  テンセントは自社のゲームに加え、外部企業のタイトルも配信する。ブルームバーグがまとめたデータによれば、カプコンやネクソン、アクティビジョン・ブリザード、エレクトロニック・アーツなどがテンセントへの供給元として名を連ねている。

原題:Tencent, Netease Still Frozen Out as China Approves Latest Games(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE