コンテンツにスキップする

拘束されたカナダ人解放求める書簡、中国国家主席に元大使らが送付

  • 学者や元大使らはコブリグ、スパバ両氏の即時解放を求める
  • 拘束は建設的な活動が中国では歓迎されないというメッセージ-書簡

中国で拘束されたカナダ人2人の即時解放を、元大使や学者らで構成するグループが中国に求めている。2人は中国の通信機器メーカー、華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)幹部がバンクーバーで逮捕された後に拘束された。

Michael Kovrig

マイケル・コブリグ氏

出典:国際危機グループ

  中国の習近平国家主席に宛てた21日付の公開書簡は141人の連名で、治安当局によるマイケル・コブリグ、マイケル・スパバ両氏の拘束を「非常に憂慮している」と記している。香港で国際危機グループ(ICG)と活動するためカナダの外交官を休職中のコブリグ氏と北朝鮮へのツアー企画に携わったスパバ氏の2人について、世界各国・地域との関係構築に向けた交流を後押ししたと書簡は指摘した。

  拘束は「こうした建設的な活動が中国では歓迎されず、高リスクでさえあるというメッセージだ」とし、「われわれは純粋で生産的かつ継続的な関係を築くというコブリグ、スパバ両氏の熱意を共有するが、今や中国での旅行・活動や中国勢との関わりにより慎重にならざるを得ない」としている。

  書簡に署名したのは学者のほか、カナダとドイツ、メキシコ、スウェーデン、英国、米国の元駐中国大使を含む元特使。その中には米国の駐中国大使だったのゲーリー・ロック氏や英国統治時代に香港総督を務めたクリストファー・パッテン氏の名前もある。

原題:Release Jailed Canadians, China Experts Urge Xi in Open Letter(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE