コンテンツにスキップする

「合意なき離脱」英GDPを長期的に5-8ポイント押し下げ-IMF

  • IMFのゴピナート主任エコノミストが予想される影響について指摘
  • 英EU離脱がどのような形になるか引き続き非常に不透明だとIMF

国際通貨基金(IMF)のゴピナート主任エコノミスト(調査局長)は英国の欧州連合(EU)離脱について、「合意なき離脱」のシナリオが現実になれば、長期的に国内総生産(GDP)を5-8ポイント押し下げる恐れがあると指摘した。

  IMFは21日に公表した最新の世界経済見通し(WEO)で、英国の2019年の成長率予想を1.5%に据え置いた。昨年10月29日に公表された財政拡張的な予算が、離脱の不安に伴う景気減速効果を和らげることに役立つ可能性が高いことを理由に挙げた。

  IMFは「1月半ばの時点で英国のEU離脱がどのような形になるか引き続き非常に不透明だ。今回のベースライン予測は、英EU離脱合意が19年に成立し、英国が新たな体制に段階的に移行することを前提にしている」と説明した。

原題:IMF Warns of No-Deal Brexit Risks as U.K.’s Time Runs Short (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE