コンテンツにスキップする

英最大野党、再国民投票を可能にする議会採決を求める修正提案

更新日時
  • 労働党が提出した修正案の審議は29日に行われる予定
  • 「合意なき離脱」回避の選択肢巡り採決を可能にすることを求める

英最大野党・労働党は21日、欧州連合(EU)離脱の賛否を問う2回目の国民投票を可能にする議会採決を求める提案を行った。国民投票が再度実施されれば、英国のEU離脱自体が撤回される可能性も否定できない。

  同党は政府案に対し、「合意なき離脱」を回避するためのさまざまな選択肢に関して議会採決を要求する修正を提案した。これらの選択肢には国民投票実施も含まれる。修正案の審議は29日に行われる予定。

  今回の修正案には、再国民投票を支持するかこれまで曖昧だった労働党のコービン党首が署名した。確認がなお必要だが、コービン氏が国民投票支持にかじを切ったとすれば、決定的に重要な動きとなり得る。与党保守党でも10人前後の下院議員が、再度の国民投票実施に向けて既に活動している。

  コービン党首は「われわれの修正案は、EU離脱の今の行き詰まりを打開し、合意なき離脱の混乱を避ける選択肢について下院議員の採決を可能にするものだ。国民投票を含めあらゆる選択肢を引き続き検討対象としながら、労働党の代替案が主役になる時が訪れた」と電子メールで配布した発表資料で主張した。

  2回目の国民投票はEUサイドで多くが歓迎すると予想され、それは3月29日に予定される離脱期限が延長されることをほぼ確実に意味する。

U.K. Opposition Labour Party Annual Conference

労働党のコービン党首

撮影:Simon Dawson / Bloomberg

  労働党の修正案は、EUとの関税同盟への恒久的な残留および単一市場との強固な結び付きを目指す同党の代替案を含む選択肢に関し、採決の機会を議会に与えることを求める内容。それが受け入れられない場合は、下院で承認されたいかなる離脱案も国民投票を実施して民意を問うべきだとしている。

メイ首相に圧力

  経済的な打撃を伴う合意なき離脱の回避に向け、EU離脱プロセスを議会主導で進めようとするより広範な動きが存在しており、労働党も今回の修正案発表でその流れに乗った。

  メイ首相は21日の議会で、再国民投票を求める各方面からの要求を拒否する一方、離脱を遅らせる可能性を明確には排除しなかった。そうした中で、2月26日まで合意に至らない場合、離脱予定日より先まで交渉期間の延長を要請するよう首相に義務付けるなど、議会が次の動きを指示できるとした法案が超党派の議員グループによって提出され、首相は圧力にさらされている。

1470309541_BrexitMapPiesSub


U.K. Prime Minister Theresa May Presents Brexit Plan B to Parliament

メイ英首相

写真家:Luke MacGregor / Bloomberg

原題:Labour Calls for Vote That Could Trigger Brexit Referendum Rerun
Labour Calls For Vote That Could Trigger Brexit Referendum Re-do(抜粋)

(労働党の修正案が想定する合意なき離脱回避の選択肢などを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE