コンテンツにスキップする

中国:18年の出生数が急減-毛沢東時代の大飢饉以来の少なさ

  • 昨年の新生児数は17年から約200万人減り1523万人
  • 1961年以来の少なさで、49年の建国後3番目に低い水準

中国の出生数が2018年に急減し、約60年ぶりの低水準となった。産児制限緩和でも出生率低下に歯止めがかからず、世界2位の経済大国の成長見通しが悪化しつつある。

  国家統計局が21日発表した昨年の新生児数は17年から約200万人減り1523万人。人口統計学者の何亜福氏によれば、1961年以来の少なさで、49年の中華人民共和国建国後3番目に低い水準。

Too Few Babies

  人口抑制のための出産制限「一人っ子政策」を撤廃した中国は、2016年に全ての夫婦に2人目の子どもを持つことを認める「二人っ子政策」を始めたが、18年は2年連続での出生数減少となった。

  18年の新生児数は毛沢東時代の「大躍進政策」での混乱に伴う大飢饉以来の低水準。1960年には総人口が1000万人減少し、多数が飢え死にしたとみられている。

  中国社会科学院は3日、国内の人口が2027年にも減少に転じる可能性があるとの予測を公表した。17年に13億9000万人と世界最大だった総人口が、65年までに11億7200万人に減る可能性があるという。

原題:China Sees Fewest Births in 2018 Since Mao’s Great Famine (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE