コンテンツにスキップする

ポンドは全面高へ-ゴールドマンが「ソフト」か「ノー」ブレグジット予想

  • 合意なきEU離脱のリスクは過去1週間に後退-パンドル氏
  • ポンドは年末までに1.36ドルに上昇へ-ブルームバーグ調査

ゴールドマン・サックス・グループは、ポンドが今年すべてのG10通貨に対して上昇する可能性があると指摘する。英国の合意なき欧州連合(EU)離脱(ハードブレグジット)のリスクが後退したとみているためだ。

  ポンドは先週まで5週連続で上昇。メイ首相の離脱案は15日議会で否決されたが、これによって、2回目の国民投票が実施され最終的に離脱中止につながる見通しが強まるとみられている。

  世界通貨・新興市場戦略共同責任者のザック・パンドル氏はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「過去1週間の展開は離脱の延期や、よりソフトな離脱、あるいは離脱中止の可能性を示唆するものとみている」とし、ポンドは「今年、G10通貨の中で最高のパフォーマンスになると考える」と予想した。

  ブルームバーグがまとめた調査によると、ポンドは年末までに、ドルに対して5%余り上昇し1.36ドルになると予想されている。アジア時間21日朝は前週末比0.1%安の1.2859ドル。

  「まだ不確実性は大きいが、ポンドには大きな上振れリスクがあると考えている」とパンドル氏は述べた。

Rising Optimism

Economists expect pound to beat most of its G-10 peers by 4Q

Source: Bloomberg

Note: Percentage changes are computed by comparing consensus 4Q forecasts with spot exchange rates on Friday

原題:Goldman Says Pound Will Rise Against All G-10 Peers This Year(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE