コンテンツにスキップする

メイ首相、離脱案のバックストップ削除で2国間協定提案の意向-英紙

  • ハードボーダー回避目指し、アイルランドに協定提案の意向とタイム
  • 提案うまくいかなければ、予定より早い辞任の可能性もあると同紙

メイ英首相は、アイルランド国境へのハードボーダー(物理的壁)の設置回避を保証する「バックストップ」条項を欧州連合(EU)と取り決めた離脱協定案から削除する一方、他の手段でハードボーダーを避けることを目指し、アイルランドに2国間協定の提案を行いたい意向だ。20日付の英紙サンデー・タイムズが報じた。

  同紙によれば、提案がうまくいかなければ、メイ首相は予定より早く辞任せざるを得ないかもしれないとバーウェル首席首相補佐官が閣僚2人に語った。

  一方、バズフィードが伝えたところでは、親EU派のドミニク・グリーブ元法務長官は、EU離脱手続きを定めるリスボン条約50条に基づく離脱通知の撤回や、適用期間の延長を下院の意思で可能にする修正案の提出に向け、超党派の議員グループと作業を進めているという。

原題:May Considers Bilateral Deal With Ireland to Solve Brexit: Times(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE