コンテンツにスキップする

華為製品利用巡る英政府の立場、閣僚に説明求める動き-タイムズ紙

  • 禁止とした同盟国に追随するか決めるようラム英下院議員が促す
  • オランダは5Gで華為制約するかどうか年内に決定へ-トロウ紙

英国の閣僚は中国の通信機器メーカー、華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)の製品が次世代移動通信ネットワークの禁止対象になっていない理由を説明するよう求められている。英紙サンデー・タイムズが情報源を示さず報じた。

  英下院科学技術委員会のノーマン・ラム委員長はライト・デジタル・文化・メディア・スポーツ相に対し、中国によるスパイ懸念を理由に華為製品を禁止した同盟国に追随するかを決めるよう促した。

  オランダ政府は第5世代(5G)移動通信網構築で華為の役割を制限するかどうかを年内に決めると現地紙トロウは伝えている。
  
  タイムズ紙によれば、英政府は5Gなどのネットワークを「安全に展開するための効果的な枠組み」を確実にするため通信各社による供給の契約を検証中。華為は「英国への貢献に誇りを持っている」とコメントしたと同紙は報じた。華為は中国のスパイ活動に加担しているとの疑惑を繰り返し否定している。

原題:U.K. Ministers Urged to Clarify Position on Huawei: Times (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE