コンテンツにスキップする

トランプ政権、グッドフレンド氏再指名するかどうか検討中-関係者

  • FRB理事に指名されたものの、上院承認ないまま議会会期終了
  • 政権が引き続きグッドフレンド氏起用方針なら再指名が必要

トランプ米政権は、欠員が生じている連邦準備制度理事会(FRB)理事ポストにカーネギー・メロン大学教授のマービン・グッドフレンド氏を再び指名するかどうか検討している。事情に詳しい関係者1人が明らかにした。利上げ批判を繰り返すトランプ大統領が金融当局に一段と目を光らせる中、インフレタカ派で知られるグッドフレンド氏に対する支持は勢いがなくなりつつある。

  トランプ大統領は第115議会中の2017年11月にグッドフレンド氏をFRB理事に指名した。だが、上院本会議での承認がないまま2年間の会期が終了したため、同氏を引き続き起用する方針であるならば今年1月に始まった第116議会に再指名する必要がある。

Senate Banking Confirmation Hearing With Federal Reserve Governor Nominee Marvin Goodfriend

マービン・グッドフレンド氏

写真家:Andrew Harrer / Bloomberg

  ホワイトハウスが16日遅くに議会に送付した数十人の指名リストにグッドフレンド氏の名前はなかった。ただ、匿名で語った関係者によれば、同氏が今後、再指名される可能性はまだあるという。

  上院でのグッドフレンド氏の指名承認は当初、確実と考えられていた。しかし、18年1月23日の上院銀行委員会の公聴会では、民主党議員による厳しい質問攻めにうまく対応できなかったと受け止められ、その後、共和党議員の賛成で同委では何とか指名承認されたものの、上院本会議での承認には至らなかった。

  トランプ大統領が金融当局に金利据え置きを望む考えを公言する中で、インフレに対するグッドフレンド氏のタカ派的な姿勢が同氏に不利に作用している可能性もある。グッドフレンド氏にボイスメールでコメントを要請したが、返答は得られていない。

原題:Trump Is Said to Weigh Whether to Renominate Goodfriend to Fed(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE