コンテンツにスキップする

ブラックロックCEO:企業トップに社会問題解決への貢献促す

  • 企業は利益追求だけに注力すべきではない-フィンク氏
  • 社会的・政治的問題の解決に向けてより大きな役割を

世界最大の資産運用会社ブラックロックのラリー・フィンク最高経営責任者(CEO)は世界の企業トップに対し、利益の追求だけに注力するのではなく、社会や政治の問題の解決に向けてより大きな役割を果たすよう促した。

  フィンク氏はCEOらに宛てた年次書簡で、政府が喫緊の社会問題への解決策を提供できずにいることから、上場・非上場企業がこうした問題に関与し、解決策を提供することを人々は求めていると指摘した。

  「ステークホルダーは企業がデリケートな社会的・政治的問題に関与することを強く求めている。政府が効率的に対応できずにいると彼らが考える中にあっては特にそうだ」とフィンク氏は記した。

BlackRock Inc. Chairman And CEO Larry Fink Speaks At BlackRock Asia Media Forum

ラリー・フィンク氏

Justin Chin / Bloomberg

  フィンク氏は昨年、より前向きな社会貢献を求める書簡を企業のCEOに送付したが、反応はまちまちだった。

  フィンク氏の書簡については、米紙ニューヨーク・タイムズが先に報じた。

原題:BlackRock’s Fink Tells CEOs to Pursue Purpose Beyond Profits (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE