コンテンツにスキップする

ネットフリックス株に失望売り、10-12月売上高が市場予想届かず

更新日時
  • 新番組への多額の投資が早期に成果を生み出さない可能性示唆
  • 1-3月期の売上高見通しも市場予想を下回る

動画配信サービスの米ネットフリックスは、「バード・ボックス」など新番組の効果で昨年10-12月期(第4四半期)に会員数が伸びたものの、売上高の伸び悩みが投資家を失望させた。株価がここ数週間で50%上昇していた。

  10-12月期売上高は41億9000万ドル(約4600億円)と27%増加したが、アナリスト予想の42億1000万ドルには届かなかった。同社の1-3月(第1四半期)売上高見通しも市場予想を下回ったことから、株価は17日の時間外取引で一時5.3%下落した。

Wild Rides

Netflix investors are subject to big one-day stock swings after earnings

Source: Bloomberg data

  
  今回の結果は、会員8000万人に視聴されたホラー映画「バード・ボックス」などが大ヒットしたものの、新作の映画や番組への前例のない規模の投資が期待ほど早期に成果を生み出さない可能性を示唆した。

  同社は17日、有料会員数が10-12月期に884万人増加し、10月時点の自社予想を上回ったことを明らかにした。今年1-3月期の世界全体の新規会員は過去最高の890万人と予想したが、これは10-12月期に比べて微増にとどまる。

  ブルームバーグ・インテリジェンスのアナリスト、ジーサ・ランガナサン氏は、「経営陣は慎重なトーンだ」と指摘。今四半期の会員数の見通しは15日に発表した値上げを反映したもので、「海外では22%の伸びが見込まれているため、長期的な投資シナリオは健在だ」と付け加えた。

  ネットフリックスは、ウォルト・ディズニーやAT&T傘下のワーナーメディアが新たなストリーミングサービスの年内開始を計画する中で業界トップ維持を目指している。同社は長期的な番組制作予算を昨年末時点で193億ドルと、3カ月前の186億ドルから増やした。

  • Even after a drop in late trading, Netflix is still higher than last week

同社の業績の詳細については ここをクリックしてください

原題:Netflix Disappoints as Sales From the ‘Bird Box’ Boom Fall Short(抜粋)

(有料会員数やアナリストのコメントを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE