コンテンツにスキップする

モルガン・スタンレー:買収の用意ある、資産運用部門の成長目指し

モルガン・スタンレーのジェームズ・ゴーマン最高経営責任者(CEO)は、資産運用部門の成長に向け買収を模索している。

  ゴーマンCEOは規模4630億ドル(約50兆円)の投資運用部門の成長を促進するため、「小規模な企業」の買収あるいはチームの起用を目指していると発言。同部門の債券事業は「当行が望んでいるよりも小規模」で、プライベート・エクイティーやインフラといったオルタナティブ商品に成長機会を見込んでいると、決算発表後のアナリストとの電話会議で述べた。

Morgan Stanley CEO James Gorman Interview

ジェームズ・ゴーマンCEO

写真:Giulia Marchi / Bloomberg

  同CEOは「拡張できるところは多くある」と指摘。「資産運用の分野で巨大買収が近いということを示唆しているわけではない。これらは複雑で、全てが成功しているわけではないと誰もが分かっている」と話した。

原題:Morgan Stanley Is Ready, After a Decade, to Grow Through Deals(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE