コンテンツにスキップする

イタリア与党「同盟」、極右政党に連立政権入り働き掛け-関係者

  • サルビーニ副首相率いる与党の幹部、極右政党党首と会談
  • 極右政党「イタリアの同胞」は国防相のポストを得る可能性

イタリアのサルビーニ副首相率いる反移民政党「同盟」は、極右「イタリアの同胞」に連立政権に加わるよう働き掛けている。事情に詳しい関係者2人が明らかにした。

ITALY-POLITICS-GOVERNMENT

「イタリアの同胞」のメローニ党首

Bloomberg

  関係者の1人によると、イタリアの同胞のメローニ党首は連立与党の議会内の基盤強化を話し合うため「同盟」の政権幹部と会談した。連立与党は現在、同盟と反エスタブリッシュメント(既存勢力)政党「五つ星運動」で構成されている。

  メローニ氏は連立与党を支持する条件として、5月下旬に予定される欧州議会選挙を現行の投票方法通りに実施することを主な要求に挙げていると、関係者は述べた。イタリアの同胞が政権入りする場合、五つ星出身者が現在就いている国防相のポストが同党に割り当てられる可能性があるという。

  サルビーニ副首相は反移民政策を推進する上で協力が期待できる新たな連立パートナーを迎え入れたい考え。同時に政権内の自らの立場を強化し、五つ星とその党首であるディマイオ副首相の影響力をそぐ狙いもあるとみられる。

  イタリアの同胞と同盟の広報担当者はいずれも、そうした会談が行われたことを承知していないと述べた。

原題:Italy’s League Said to Seek Far-Right Ally to Box In Five Star(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE