コンテンツにスキップする

インドネシア中銀、政策金利を6%に据え置き-2カ月連続

インドネシア銀行(中央銀行)は17日、自国通貨の回復と世界経済の減速を背景に、政策金利を2カ月連続で据え置いた。

  7日物リバースレポ金利は6%に維持され、ブルームバーグが調査したエコノミスト26人全員が予想したとおりだった。昨年は新興国市場資産売りへの対応で、計175ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)利上げした。

String of Bank Indonesia rate hikes helped stem a currency rout

原題:Indonesia Keeps Benchmark Rate Unchanged as Currency Rallies (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE