コンテンツにスキップする

トランプ米大統領のロシア手先説は「ナンセンス」-クレムリン

  • ロシアのラブロフ外相、米国のメディアや議会を批判
  • 米国の大統領が他国の手先にどうしてなり得るのか-ロ大統領補佐官

ロシアの大統領府(クレムリン)は16日、トランプ米大統領がロシアのために働いているとするについて「ナンセンス」だと一笑に付した。

  ウシャコフ大統領補佐官(外交政策担当)は16日にモスクワで記者団に対し、「ばかげている」と述べ、「米国の大統領が他国の手先にどうしてなり得るのか」と語った。

  ラブロフ外相も16日にモスクワで記者会見した際、「トランプ大統領は実質的なロシアの手先だとする」見方を一蹴し、米国の議会やメディアが自国のリーダーを弱体化させようとしていると批判。同外相は米メディアがこの問題を巡り「報道基準を引き下げた」と述べ、米議員らがトランプ大統領の外交政策の実施権限に挑戦していると非難した。

relates to トランプ米大統領のロシア手先説は「ナンセンス」-クレムリン

ラブロフ外相とプーチン大統領

出典:ロシア大統領/クレムリンフォトサービス

原題:Trump a Russian Agent? That’s ‘Nonsense,’ the Kremlin Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE