コンテンツにスキップする

ダイモン氏:無秩序な英離脱、公算小さいが起きれば「大惨事」になる

  • JPモルガンは無秩序な英・EU離脱の可能性に備えがあると同氏
  • 離脱案は交渉したというより英国が「降伏」したような印象だと発言

米銀JPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)は、英国の欧州連合(EU)離脱について、ハードブレグジット(合意なしの強硬離脱)が起きる可能性は小さいと考えているが、その場合は「大惨事」になるとの見通しを示した。

JPMorgan Chase & Co. Chief Executive Officer Jamie Dimon Speaks At The Economic Club Of D.C.

ジェイミー・ダイモン氏

写真家:Andrew Harrer / Bloomberg

  ダイモンCEOはニューヨークのエコノミッククラブで16日行われたインタビューで、JPモルガンは欧州での業務継続が困難になる事態回避のための準備に数億ドルをこれまで投じており、無秩序な英離脱の可能性に対する備えはできていると語った。

  ダイモン氏は、EUから離脱したいという英国の願望は理解できるとしながらも、英国民は離脱がいかに厄介かを今やっと認識しつつあると述べ、英国がEUと取り決めた離脱合意案を見る限り、交渉を行ったというより英国が「降伏」したような印象を受けると指摘した。

ハードブレグジットが起きる可能性は小さいと考えているが、その場合は「大惨事」になるだろうとダイモン氏

(出典:ブルームバーグ)

原題:JPMorgan CEO Says Hard Brexit Would Be a ‘Disaster’ for Britain(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE