コンテンツにスキップする

ECB当局者:ユーロ圏経済にさらなる打撃も-英EU離脱の代償

欧州中央銀行(ECB)の当局者は、欧州連合(EU)離脱を巡り混迷する英国の状況が、減速しているユーロ圏経済にさらに打撃を与える可能性があるとして、危機感を一段と強めた。

  ECB政策委員会メンバーのノボトニー・オーストリア中銀総裁は、この先の不透明感はユーロ圏のセンチメントを損ねると述べ、メルシュECB理事は新聞とのインタビューで、英国の離脱は「不必要な衝撃」の要因になり得ると語った。

Economic data in the euro area weakened over the course of 2018

  ノボトニー氏はウィーンでの会議で「バンキングという観点から見ると、英国のEU離脱に技術的な問題はそれほどない。なぜならどのような結果が出ても対応できるよう入念に準備しているからだ」と述べ、「それより心理的な問題と言えよう。経済学的思考の50%は心理学だ」と話した。

  ECB政策委員会メンバーのビルロワドガロー仏中銀総裁は仏議会で、金利の上昇は「極めて漸進的で、経済状況に左右されるだろう」と述べた。

原題:ECB Officials Warn of Brexit Costs for Slowing Euro-Area Economy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE