コンテンツにスキップする

トルコ中銀:金利据え置き、リラ安でインフレのリスク

  • 政策金利を24%で維持、3会合連続で据え置き
  • エコノミスト調査では2人を除き全員が据え置きを予想

トルコ中央銀行は16日、政策金利の据え置きを発表した。通貨リラの弱さがインフレリスクを生む中で、3会合連続で据え置きを決めた。

  チェティンカヤ総裁率いる金融政策委員会は政策金利を24%で据え置いた。ブルームバーグがまとめたエコノミスト調査では2人を除き全員が据え置きを予想、2人は利下げを見込んでいた。中銀は昨年9月に6.25ポイントの利上げを実施した後、金利を据え置いている。

  インフレ率は2カ月連続で低下したものの、前年同月比で20%強と中銀目標の4倍の水準にある。

Turkish central bank's benchmark interest rate is now above inflation

Caution Prevails

Turkey's default risk hasn't come down in line with EM peers

原題:Turkey Holds Rate as Worst Emerging Currency Threatens Inflation(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE