コンテンツにスキップする

マイクロソフトの目標株価引き上げ、業界全般に強気姿勢-モルガンS

  • 目標株価140ドル、市場で最も強気の水準-投資判断据え置き
  • 今年のトップピック銘柄はマイクロソフトやセールスフォースなど

モルガン・スタンレーは米マイクロソフトの目標株価を引き上げた。ソフトウエア業界への広範な強気姿勢の一環だという。

  アナリストのキース・ワイス氏は顧客向けリポートで、マイクロソフトの目標株価を10ドル引き上げ140ドルとした。これはブルームバーグが調査対象としたアナリストの中で最も強気の水準に並ぶ。投資判断は「オーバーウエート」に据え置き、現在の株価水準では「マイクロソフトの長期的な状況改善がなお過小評価されている」との見方を示した。

  モルガン・スタンレーは、パロアルトネットワークスとセールスフォース・ドットコムと共に、マイクロソフトを2019年のトップピック銘柄の1つに指定。

  米同業のアカマイ・テクノロジーについても、「魅力的なバリュエーション水準に加え、収入の安定化と利益率改善への信頼の高まり」を理由に、投資判断を「オーバーウエート」に引き上げた。ニュー・レリックやドキュサインなども「オーバーウエート」に引き上げられた。

原題:Microsoft Target Lifted as Morgan Stanley Touts Software Stocks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE