コンテンツにスキップする

仏BNPが87億円の損失、S&P500連動デリバティブ取引で-関係者

  • 米インデックス取引責任者のルース氏は職場に戻っていない
  • 損失の大半はクリスマス直前の数日間に発生したとされる

フランス最大の銀行であるBNPパリバは、世界の市場が混乱に陥った昨年遅くに、S&P500種株価指数に連動するデリバティブ(金融派生商品)取引で8000万ドル(約87億円)の損失を被った。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  詳細が非公開として匿名を条件に語った関係者によれば、ニューヨーク在勤の米インデックストレーディング責任者アントワーヌ・ルース氏はクリスマス休暇を取得したままの状態で、自身が取ったS&P500種のポジションが悪化した後も職場に戻っていない。損失の大半はクリスマス直前の数日間に発生したという。

  関係者によると、S&P500種の下落を受けて取引が多額の損失を出し始めた時、ルース氏は既に休暇中だった。米中通商摩擦の激化を巡る懸念で米国株は昨年12月に数日間急落し、その後急速に反発したものの、投資家やトレーダーの間には打撃が広がった。

  ルース氏にリンクトインのアカウントを通じてコメントを求めたが返答はない。また、ニューヨークの同僚は同氏が今週出社していないことを明らかにした。BNPパリバの広報担当者イリアス・カトサロス氏(ニューヨーク在勤)はコメントを控えた。

BNP lost about $80m on U.S. index trades in December: sources

原題:BNP Is Said to Lose $80 Million on U.S. Stock Index Trades (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE