コンテンツにスキップする

英議会、EU離脱案を大差で否決-メイ首相が超党派の協議開始へ

更新日時
  • 16日夜に行われる内閣不信任案採決は現時点では否決の公算大
  • 超党派での協議の計画が伝えられるとポンドは反発した
Anti-Brexit protesters demonstrate outside the Houses of Parliament on January 15, 2019 in London, England. 

Anti-Brexit protesters demonstrate outside the Houses of Parliament on January 15, 2019 in London, England. 

Photographer: Jack Taylor/Getty Images Europe
Anti-Brexit protesters demonstrate outside the Houses of Parliament on January 15, 2019 in London, England. 
Photographer: Jack Taylor/Getty Images Europe

英議会は15日、メイ首相が欧州連合(EU)と取り決めた離脱合意案を否決した。首相にとって屈辱的な敗北により、離脱案が承認される可能性はほぼなくなった。野党・労働党のコービン党首は採決結果を受け、メイ政権の不信任案を提出した。

  下院の採決結果は反対432、賛成202。票差が60未満であれば、EUが内容修正に協力することで合意を救う可能性が残っていたが、230票差と過去100年余りで最大の敗北となった。

  労働党はメイ政権を総選挙に追い込むことを目指し、不信任案を提出した。採決はロンドン時間16日午後7時(日本時間17日午前4時)に行われる。

  メイ首相は採決後に議員らに対し、「下院がこの合意案を支持していないのは明らかだ。しかし、今晩の採決では下院が何を支持しているか分からない」と述べ、メイ政権を閣外協力で支えてきた北アイルランドのプロテスタント強硬派、民主統一党(DUP)や超党派の有力議員らとの協議を通じて、コンセンサスの形成を目指すと言明。「政府は建設的な精神でこれらの協議に臨む」と語った。

  政府報道官は記者団に対し、メイ首相は自身が取りまとめた離脱案の望みがなくなったとは考えておらず、超党派協議は将来の合意のベースになり得ると説明。協議が17日にも開始され、そこで出た案をEUに伝える必要があるだろうと述べた。

  外国為替市場では、超党派での協議の計画が伝えられるとポンドが反発した。

  メイ首相は不信任投票の「重さと重要性」を認めながらも、最初の一歩として議会が政権をなお信任していると確認する必要があると語った。

  内閣不信任案は、現時点では否決される公算が大きい。DUPのほか、与党保守党で昨年行われたメイ党首の不信任投票を主導した離脱強硬派グループも首相を支持する姿勢を示しているためだ。

  英国は3月29日にEUを離脱する予定。メイ首相が離脱時期の先延ばしをEUに要請することも十分あり得るが、首相報道官は政府にその計画はないとしている。

  英議会での離脱案否決に対するEU側の最初の反応は否定的なものだ。EUのトゥスク大統領(常任議長)はテキストメッセージで、「今回の採決結果により無秩序な離脱のリスクが高まった。起きてほしくないことだが、われわれはそれに備える」とコメントした。

原題:May Loses Brexit Vote in Landslide, Faces Confidence Vote (1)(抜粋)

(不信任案採決の見通しなどを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE