コンテンツにスキップする

中国:米国や同盟国への出張控えるよう国有企業に要請-関係者

  • 出張が必要なら携行する電子機器を保護するための追加予防策求める
  • 機密情報を共有する「ファイブアイズ」諸国に適用

中国当局は一部の国有企業に対し、米国や同盟国への出張を控えるよう要請した。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。出張が必要な場合には携行する電子機器を保護するため追加の予防策を求めているという。

  関係者によると、約100社の国有企業を監督する国有資産監督管理委員会(国資委)はここ数週間でこれら企業の一部に対し、出張が必要となった場合、会社が支給する海外使用目的の安全なラップトップだけを携行するよう指示。今回の警告は機密情報を共有する「ファイブアイズ」を構成する米国と英国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドを対象にしているという。

  関係者2人がこれとは別に話したところによると、国資委は出張制限をいつまで適用するか具体的な期間を明らかにしなかった。国資委にファクスでコメントを求めたが、返答はなかった。

原題:China Said to Ask State Firms to Avoid Travel to U.S., Allies(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE