コンテンツにスキップする

中国勢の北米と欧州向け投資、18年に大きく減少-民間調査

  • 18年末の中国企業の対米投資は1年前に比べ80億ドル少なかった
  • 調査会社ロジウム・グループなどが分析した

中国の投資家が海外から資金の引き揚げを続ける中で、2018年の北米と欧州向け投資契約が大きく減ったことが民間の新たなリポートで示された。

  中国企業の対米投資は18年末時点で1年前に比べ80億ドル(約8700億円)少なかった。ただ対カナダでの中国の新規直接投資は倍以上となり、一部の欧州諸国向けも増えたと調査会社ロジウム・グループなどがリポートで指摘した。

Collapsing Investment

China's outbound deals collapsed as nation tightens capital controls

Sources: Baker McKenzie, Rhodium Group

Data shows completed deals, doesn't include divestments or sales.

  ロジウムのアダム・ルイセンコ氏らは「貿易障壁に加え、中国との対決姿勢が全般に強まっていることが、米国に進出する中国企業に極めて大きな不透明感を生み、投資家の意欲を弱め、米国の売り手のリスク認識を高めている」と別のリポート(13日付)で分析した。

Top Destinations

原題:Chinese Investment in North America and Europe Slumped in 2018(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE