コンテンツにスキップする

独VW、米工場での電気自動車生産で870億円投資へ-テスラに挑む

  • 3大陸の8カ所の拠点でEVを生産する計画の一環
  • 小型SUV「I.D.Crozz」の生産を2022年に開始

ドイツのフォルクスワーゲン(VW)は、同社唯一の米国工場で電気自動車(EV)の生産を開始するため8億ドル(約870億円)投資する。3大陸の8カ所の拠点でEVを生産する計画の一環。

I.D. Crozz

ID Crozz

写真家:Krisztian Bocsi / Bloomberg

  VWの14日の発表資料によると、今回の投資はテネシー州チャタヌーガ工場で1000人の新規雇用を創出するほか、サプライヤー企業での人員増にもつながる。最初の車両である小型スポーツタイプ多目的車(SUV)「I.D. Crozz」の生産は2022年に開始する。EVバージョンのバス「I.D. Buzz」も投入する。

  VWはEV業界のリーダーである米テスラを追い抜くため多額の投資を行っている。ドイツでも19年後半からEV生産を始めるため幾つかの拠点を選んでおり、中国でも2工場で生産する計画。

原題:VW to Spend $800 Million to Produce E-Cars on Tesla’s Home Turf(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE