コンテンツにスキップする

クラリダFRB副議長:利上げ回数はFOMC予測より少ない可能性も

  • 世界経済は一部軟化、米経済には好調な勢い-クラリダ副議長
  • 米金融当局はバランスシート縮小プログラムにも柔軟に対応

米連邦準備制度理事会(FRB)のクラリダ 副議長は、2019年の利上げ回数が前回の連邦公開市場委員会(FOMC)予測で示された2回より少なくなる可能性を残した。

  クラリダ副議長は14日にFOXビジネス・ネットワークとのインタビューで、「昨年12月最初の週以降、多くのことが起きた」と述べ、「世界経済成長の一部データは軟化している」との認識を示した。

  昨年12月18、19両日開催のFOMCの後に公表されたドット・プロット(金利予測分布図)の中央値では、政策当局者が見込む今年の利上げ回数は2回。ただ、クラリダ副議長はこうした個々の予測の意味については重要視せず、「われわれはドットに基づいて投票するわけではない」と語った。

The Fed's New Dot Plot

  クラリダ副議長は米金融当局が「極めて辛抱強く」なれると述べ、今年の金融政策決定では会合ごとのアプローチを取ると説明。当局の柔軟な姿勢は金利だけではなく継続中のバランスシート縮小プログラムにも及ぶと強調した。

  同副議長はまた、世界経済の減速を認めた上で「現時点では深刻には見えない」と述べ、米経済は19年に入り「好調な勢い」を見せており「近い将来にリセッション(景気後退)は予想しない」と付け加えた。

  24日目に入った政府機関の一部閉鎖に関しては、影響を受けた省庁が準備する一部データの公表に支障が出ているものの、米金融当局による米経済情勢の追跡力を妨げるとは思わないと述べた。

原題:Clarida Hints Fed May Not Raise Rates as Much as Projected(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE