コンテンツにスキップする

バー次期司法長官:モラー氏に「任務を全う」させる-15日証言で表明

  • 「党利党略を優先した政治」の干渉は認めない
  • モラー氏の捜査結果全てが公開されると確約はせず

トランプ米大統領が次期司法長官に指名したウィリアム・バー氏は15日に上院で開かれる承認公聴会で、モラー特別検察官に「自身の任務を全う」させるとともに、ロシア疑惑捜査に関する結果を議会と国民に最大限公表すると発言する。

  バー氏は同公聴会向けに準備した証言原稿で、「米国はこうした問題の信頼できる解決を必要としている」と指摘。「承認された場合、党利党略を優先した政治や個人の利益、あるいは他の不適切な思惑がこの捜査あるいは別の調査を妨げることを私は認めない」と述べる。

  しかし、バー氏はモラー検察官の捜査結果が全て議会と国民に公表されるとは確約しなかった。「私の目標は法律に沿って最大限の透明性を提供することだ」と発言。「私が判断を下す場合、そうした判断を法律のみに基づいて下し、個人や政治あるいは他の不適切な利害が私の決定に影響を及ぼすことは容認しない」と証言する。

原題:Barr Vows He’d Let Mueller ‘Complete His Work’ on Russia Probe(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE