ドイツ銀:コメルツ銀や政府幹部と頻繁に会談、戦略上の選択肢協議

  • ゼービングCEOらが副財務相やコメルツ銀トップと会合
  • ドイツ銀、コメルツ銀の株価は昨年1年で50%超下落

ドイツ銀行は、国内で最大の競争相手であるコメルツ銀行の幹部および政府関係者とここ数カ月に頻繁に話し合いを重ねていた。ドイツ銀を巡っては、外部支援を受けなければ今の危機的な状況を脱することは無理との懸念が強まっている。

  昨年3月の第4次メルケル政権発足以来、ドイツ銀の代表者らは政府当局者と23回にわたって会合を開いた。ブルームバーグが閲覧した財務省の書簡によると、会合の大半はクーキース副財務相、ドイツ銀のクリスティアン・ゼービング最高経営責任者(CEO)、パウル・アハライトナー会長の間で行われた。ゼービングCEOはまた、コメルツ銀行のマルティン・ツィールケCEOとも定期的に会っていたことが、事情に詳しい関係者2人の情報で明らかになった。

左からコメルツ銀行のツィールケCEO、ドイツ銀行のゼービングCEO、ドラギECB総裁(フランクフルトで、昨年11月16日)

Photographer: Alex Kraus/Bloomberg

  財務省の書簡によると、会合では「戦略上の選択肢」などが話し合われた。ドイツ銀が数年に及ぶ利益悪化や減収を反転させられずにいる中で、会合の頻度は同行と政府の焦りを浮き彫りにしている。ドイツ銀とコメルツ銀の株価は昨年1年で50%余り値下がりした。コメルツ銀は公的支援を受けた後、一部を国が引き続き保有している。

  独紙ハンデルスブラット(HB)はこれより先、ゼービング、ツィールケ両氏がここ数カ月間に複数回にわたり会談していたとし、合併の可能性も話し合ったが正式な動きはまだないと報じていた。

  ドイツ銀行とコメルツ銀行の代表はそれぞれコメントを控えた。ドイツ財務省はこの書簡についてコメントを避けた。書簡に関しては、独紙フランクフルター・アルゲマイネ(FAZ)は他社に先駆けて伝えた。

原題:Deutsche Bank Is Said to Intensify Outside Talks Over Strategy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE