中国:18年12月に輸出入が予想外に減少、貿易戦争や景気減速響く

  • 輸出はドルベースで前年同月比4.4%減、輸入は7.6%減
  • 18年通期では輸出は9.9%増、貿易収支は3518億ドルの黒字

中国の貿易は2018年12月に落ち込んだ。輸出と輸入の両方が予想外に減少し、貿易戦争と景気減速の影響を浮き彫りにした。

  • 輸出はドルベースで前年同月比4.4%減。輸入は7.6%減。いずれも16年以来最大の落ち込みで、貿易収支は571億ドル(約6兆1700億円)の黒字
  • 18年通期では比較的明るい構図で、税関総署の14日の発表によると、輸出はドルベースで9.9%増加し2兆4800億ドル。輸入は15.8%増。貿易収支は3518億ドルの黒字

Trade Slumps

End of front-loaded export demand and slowing economy hit trade

Source: Customs General Administration

  • 野村インターナショナル(香港)の中国担当チーフエコノミスト、陸挺氏は通期データ発表後で月次データ発表の前に「市場は輸出に注目すべきだ。中国の工業生産や雇用、国内総生産(GDP)に直結する」と指摘。「輸出の急減は工業生産のかなり弱い伸びと失業率の急上昇を示す可能性がある」とコメント
  • 18年の対米貿易黒字は17%余り増加し3233億ドル。輸出は11%増加し輸入が横ばいだったことが主因

原題:China December Trade Slumps as Trade War, Economic Slowdown Bite(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE