コンテンツにスキップする

ガンドラック氏が再び警鐘:米経済は「債務の海」に浮かんでいる

  • 過去最強の米経済とのトランプ大統領の主張に反論
  • 今年の実質GDPは0.5%増と予想、米株式相場は一段安へ

ダブルライン・キャピタルのジェフリー・ガンドラック最高経営責任者(CEO)は再度、米経済は借金まみれだと警告した。

  米紙バロンズの円卓会議に参加したガンドラック氏は、8日の年次ウェブキャスト「ジャストマーケッツ」で取り上げたテーマの多くを繰り返し、特に米国の社債市場が突き付ける危険性を強調。ジャンク債の大量発行や投資適格級社債の著しい増加に加え、米連邦準備制度による量的緩和策の縮小の結果、「債務の海」になっていると指摘した。

DoubleLine Capital CEO Jeffrey Gundlach Interview

ジェフリー・ガンドラック氏

写真家:Scott Eells /ブルームバーグ

  ガンドラック氏は、過去最強の米経済を主導しているとのトランプ大統領の主張に反論し、経済成長は債務がベースになっていると指摘。「私が予期しているのはひどい経済ではないが、景気刺激的な支出による人為的に好調な景気だ。経済が非常に好調なら逆のことをしているべきである状況にあって債務が増加している」と円卓会議でコメントした。

  同氏は今年の米実質国内総生産(GDP)の伸びが0.5%にとどまると予想。昨年12月の急落後に落ち着きを取り戻しつつある米株式相場については一段安になるとの見方を示し、昨年の反動で今年の早い時期は軟調になり、年後半に強含むと述べた。

原題:Gundlach Warns U.S. Economy Is Floating on ‘Ocean of Debt’ (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE