コンテンツにスキップする

ビル・グロース氏の債券ファンド、10億ドル割れ-資金引き揚げ続く

  • 投資家は昨年12月に10カ月連続で資金引き揚げ
  • 昨年の運用成績はマイナス4%程度と、同種のファンドに見劣り

ビル・グロース氏の債券ファンドから投資家の資金引き揚げが続いている。

  ブルームバーグの推計によれば、「ジャナス・ヘンダーソン・グローバル・アンコンストレインド・ボンド・ファンド」は、昨年12月に6000万ドル(約65億円)の資金引き揚げに見舞われた。これにより、同ファンドの運用資産は過去最高を記録した2月の22億4000万ドルから9億5040万ドルに落ち込んだ。

  2月のピーク以来、投資家による資金引き揚げは10カ月連続。米国債とドイツ国債の利回り収束を見込む賭けが外れ、その後ポジションを縮小したことなどが背景。ブルームバーグの集計データによると、グロース氏の昨年の運用成績はマイナス4%程度で、同種のファンドの80%余りよりも不振だった。

Gross' fund is managing half the money of its peak

  ジャナス・ヘンダーソン・グループの広報担当者に営業時間外に電子メールで取材を試みたが現時点でコメントは得られていない。

  グロース氏(74)はかつて世界最大の投資信託「PIMCO・トータル・リターン」を運用していたパシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)を追放された後、2014年10月にジャナス・ヘンダーソンのアンコンストレインド・ボンド・ファンドの運用を引き継いだ。昨年の運用成績は、1971年以降の同氏の名高いキャリアの中では最も厳しいものの1つだった。

PIMCO Co-Founder Bill Gross Interview

ビル・グロース氏

写真家:Patrick T. Fallon / Bloomberg

  米10年債利回りと独10年債利回りのスプレッド縮小を見込む賭けは2018年にほとんどうまくいかった。スプレッドは今月11日時点で約2.46ポイント。

U.S. yield spent most of 2018 moving further above German

原題:Bill Gross’s Bond-Fund Assets Decline Below $1 Billion (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE