【NY外為】ドル指数ほぼ変わらず、週間は低下も200日線上回る

更新日時

11日のニューヨーク外国為替市場では、ブルームバーグ・ドル・スポット指数がほぼ変わらず。米政府閉鎖長期化の影響を巡る不透明感や、シリア国境でのトルコ軍展開で地政学的緊張が高まりつつあることを背景に、ドルは週間での下げ幅を縮小した。

  トランプ大統領はメキシコ国境の壁建設費用を確保するために直ちに国家非常事態を宣言することはないと述べた。米連邦政府職員約80万人にこの日、給与が支払われなかった。

  ニューヨーク時間午後4時45分現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数はほぼ変わらず。一時は0.4%下げる場面もあった。ドルは対円で0.1%高の1ドル=108円56銭。対ユーロでは0.3%上昇の1ユーロ=1.1461ドル。円は対ユーロで0.2%上げて1ユーロ=124円43銭。

  ドル・スポット指数は週間ベースでは0.6%下げ、これで4週続落。ただ、200日移動平均線は上回って引けた。

  昨年12月の米消費者物価指数(CPI)は、総合指数が前月比0.1%低下と、市場予想と一致。前年比は1.9%上昇で、こちらも予想と一致した。

欧州時間の取引

  ドル・スポット指数が低下。米金融当局が辛抱強い姿勢を示したことや、米政府閉鎖を背景に、ドルのロングを解消する動きが進んだ。英国の欧州連合(EU)離脱は予定されている3月29日より後に延期される可能性が高まっているとの報道を受けて、ポンドは上昇。

原題:USD Index Finishes a Poor Week Above Its 200-DMA: Inside G-10 (抜粋)
Dollar Set for Worst Week in 11 Months, Pound Gains: Inside G-10(抜粋)

(相場を最新にし、情報を加えて更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE