米ネットフリックス株が上昇、強気派が10-12月業績の好調見込む

米ネットフリックスの株価が一時、前日比5%高となった。複数のアナリストが同社に対する強気な見解を示したことで買いが入り、ここ3週間大きく上げている同社株はさらに上値を伸ばした。昨年10-12月(第4四半期)業績の発表を翌週に控え、期待が強まっている。

  ネットフリックス株はここ12営業日のうち10営業日で上昇。12月24日の安値からは約44%戻した。S&P500種株価指数の同期間の上昇率は10%余り。

  10日の取引終了以降、少なくとも2人のアナリストがネットフリックスの投資判断を引き上げた。7月に同社の判断を引き下げていたUBSのアナリスト、エリック・シェリダン氏は「買い」に引き上げ、17日の10-12月決算発表で明らかになる契約者数の伸びが予想を上回ると予想した。

  一方、レイモンド・ジェームズは投資判断を「強い買い」とし、それまでの「アウトパフォーム」から引き上げた。「利益が変曲点に近づいている」とし、オリジナル映画「バード・ボックス」の成功を理由に挙げた。

原題:Netflix Extends Post-Christmas Rally as Bulls See Strong 4Q(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE