アラン・ハワード氏、昨年の成績30%-マクロヘッジファンドが復活

  • ポール・チューダー・ジョーンズ氏の旗艦ファンドはリターン10%
  • マクロは昨年、最も成績好調な戦略-17年から持ち直し

マクロヘッジファンドはここ何年も業界のお荷物となってきたが、今や恩恵をもたらしている。

  資産家のポール・チューダー・ジョーンズ氏とアラン・ハワード氏は2017年にそれぞれの主要マクロファンドで損失を被り、低迷から抜け出すことに苦戦した。しかし18年にようやく成果を上げた。事情に詳しい複数の関係者によれば、ジョーンズ氏の最大ファンド「BVIグローバル」ファンドの成績は18年にプラス10.3%だった。ハワード氏のヘッジファンド運営会社に詳しい別の関係者によると、「ブレバン・ハワード・マスター・ファンド」のリターンはプラス12.3%。ハワード氏自らが運用する資金プールの成績は30%だったという。

  つい最近まで、マクロファンド運用者らは利益を上げるための市場ボラティリティーが十分でないと不満をもらしていた。ジョーンズ氏は従業員を削減し、手数料を2度引き下げ、優位に立つために科学者を起用した。ハワード氏は本社の規模を縮小し、部下の優秀なトレーダーらに個別の資金プールを運用させることを認めた。ハワード氏のヘッジファンド運営会社の運用資産は昨年10月時点で66億ドル(約7150億円)と、2013年の400億ドル余りから急減した。

  昨年は貿易摩擦や政治的混乱、金利上昇の1年となったことが大きな変化だった。ヘッジ・ファンド・リサーチによると、経済トレンドに着目して収益機会を狙うマクロ投資は昨年、最も成績が好調な戦略だった。17年は最後尾につけていた。マクロヘッジファンドの指標であるHFRIマクロ指数は昨年に資産加重ベースで1.9%上昇。一方、S&P500種株価指数とバークレイズの国債指数はいずれも下げた。

原題:Alan Howard’s 30% Gain Marks Redemption for Macro Hedge Funds(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE