中国の吉利、保有する独ダイムラー株の半分以上を売却-関係者

  • ダイムラーの筆頭株主となってから1年足らず
  • 米モルガン・スタンレー、ダイムラー株5.4%保有と届け出

中国の浙江吉利控股集団は、ドイツの自動車メーカー、ダイムラー株の保有比率を9.7%から半分以下に減らした。事情に詳しい関係者が明らかにした。資産家の李書福氏が率いる吉利がダイムラーの筆頭株主になってから1年足らずで、持ち分を大きく減らした。

  吉利のダイムラー出資は中国の自動車会社にとって過去最大規模の海外資産取得だった。関係者は吉利が手放した株式の買い手は明らかにしなかった。

  非公開情報だとして関係者の1人が匿名に述べたところによれば、吉利はダイムラー株5.4%を手放した。吉利から今のところコメントは得られていない。

  米モルガン・スタンレーは10日、ダイムラー株を5.4%保有していると当局への届け出で開示した。関係者の1人によると、同社は他の保有者の代理としてダイムラー株を保持している。

李書福氏

写真家:Qilai Shen / Bloomberg

原題:China’s Geely Is Said to Cut Daimler Stake by More Than Half(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE