コンテンツにスキップする

中国で熱烈歓迎受けたマスク氏、米国で味わえなかった「愛」感じる

  • 李首相はマスク氏が米中関係の安定に寄与することも可能だと伝える
  • マスク氏は会長職を昨年辞任-ツイート巡りSECから提訴され和解

米テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)にとって2018年は忘れてしまいたい年かもしれない。だが年が明けて訪れた中国では熱烈な歓迎を受け、忘れ難い新年となったようだ。
 
  中国入りしたマスク氏はまず7日、上海郊外での電気自動車(EV)工場の起工式に出席。テスラにとっては米国外で初めての生産拠点だ。あいにくの天候での式典となったが、マスク氏は壇上で上海市長ら地元政府の高官に囲まれ喜びに満ちていた。

Elon Musk Breaks Ground at Tesla's First Gigafactory Outside the U.S.

テスラの「上海ギガファクトリー」起工式

写真家:Qilai Shen / Bloomberg

  その2日後、マスク氏は北京で李克強首相と会った。会談の舞台は全国人民代表大会(全人代、国会に相当)が開かれ、世界の要人も招かれる人民大会堂だった。「中国をとても愛している。もっと訪れたい」と言うマスク氏に李首相は「中国のグリーンカード(永住ビザ)」の付与が可能だと持ち掛けた。

Chinese Premier Li Keqiang Meets Tesla CEO Elon Musk

李首相とマスク氏(9日、北京で)

写真家:プール/ゲッティイメージズ

  米中貿易戦争の終わりが見えない中で、李首相はマスク氏が米中関係の安定に寄与することも可能だとまで伝えた。マスク氏はその後、北京でよく知られた鍋料理レストランで食事する時間もあったようだ。

  マスク氏は昨年、米国で厳しい仕打ちを受けた。テスラを非公開化する計画だとツイッターに投稿し、投資家を欺いたとして米証券取引委員会(SEC)から提訴され、和解のため会長職辞任と2000万ドル(約21億6600万円)の支払いを受け入れた。

原題:In China, Elon Musk Sure Felt the Love That Was Missing at Home(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE