コンテンツにスキップする

米レバレッジドローンが年明けに値上がり、昨年頓挫した案件復活も

  • 昨年に見送られた約29億ドル相当のローン案件が復活する可能性
  • 今年最初の案件の価格交渉では明るい兆候が見られた

米レバレッジドローンが今年に入って値上がりしたことで、昨年に見送られた約29億ドル(約3140億円)相当のローン案件が復活する可能性がある。

  どのような条件になるかについては、年初から既にローンチされた45億ドル相当の新規案件の成否がヒントになる。

  今年最初の案件であるEPICの3億4500万ドルのタームローンの価格交渉での条件は同様のローンの昨年12月以前の水準に近く、明るい兆候が見られた。

  バンク・オブ・アメリカ(BofA)は昨年から延期されていたC&Dテクノロジーズによるトロージャン・バッテリー買収向けローンのマーケティングを再開した。

原題:Leveraged Loan Rally Opens Window to $3b in Hung Deals of 2018(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE