コンテンツにスキップする

米PG&Eの格付け、ムーディーズもジャンク級に下げ-S&Pに追随

  • ムーディーズはPG&Eを「Baa3」から「B2」に引き下げ
  • さらなる格下げの可能性があるとムーディーズ

格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは、米カリフォルニア州の公益事業会社PG&Eの格付けを投資不適格(ジャンク)級に引き下げた。山火事による負債の可能性を理由に挙げた。

  発表資料によると、ムーディーズはPG&Eの格付けを「Baa3」から「B2」に5段階引き下げたほか、傘下の公益会社パシフィック・ガス・アンド・エレクトリックの格付けを4段階引き下げ「Ba3」とした。ムーディーズはさらなる格下げの可能性があるとしている。PG&Eの株式と債券は下落した。

  S&Pグローバル・レーティングも今週、PG&Eの格付けをジャンク級に引き下げていた

原題:PG&E Gets Second Junk Grade After Moody’s Credit Downgrade (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE