ソフトバンク傘下アーム、新オフィス移転へ-人員増でスペース不足

  • 約2000人を新たに採用、ケンブリッジ大キャンパス内ビルへ移転
  • ソフトバンク孫社長はソフトウエアやサービス分野への進出を望む

 Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

 Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

ソフトバンクグループ傘下の英半導体設計会社アーム・ホールディングスは急速に事業を拡大しつつあり、そのペースの速さで共同創業者兼最高技術責任者(CTO)のマイク・ミュラー氏は事前予約しなければ自分のオフィスを使えないほどだ。

  ミュラー氏はケンブリッジ本社でのインタビューで、「スペースが不足しているため、この部屋は会議室になり、私がここにいる時には予約しなくてはならない」と語った。

  アームは約2000人を新たに採用し、本社の人員は6000人弱に膨らんだ。社員は6つの低層オフィスビルに分散して勤務しているが、既存の施設が手狭になった。

  アームはケンブリッジ大学のキャンパスにある新たな4800万ポンド(約66億3000万円)規模のビルに近く移転する。新オフィスは「浮遊」階段が両端にある巨大な吹き抜け空間を備え、イーサネットのケーブル1000キロメートル余りが配線されている。

  アームは1990年創業。2016年にソフトバンクに320億ドル(現在のレートで約3兆5000億円)で買収された。アームの技術はほぼ全てのスマートフォンや携帯電話、タブレット端末を支えるほどだが、ソフトバンクの孫正義社長は半導体の世界に広く技術を浸透させたアームにソフトウエアやサービス分野への進出を望んでいる。

  一方で人員採用はコスト拡大につながった。直近の四半期のコストは3億2700万ポンドと、前年同期から33%増えた。一方で一部項目を除く利益は1800万ポンドと、1年前の約4分の1だ。

ARM's Costs Soar, Profit Plunges

Chip designer goes on hiring spree under SoftBank ownership

Source: Company filing

原題:SoftBank’s ARM Spends Big to Meet Son’s Connected World Dream(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE