コンテンツにスキップする

アップルのサプライチェーン分析-iPhoneの中国販売

  • アイフォーン販売がアップル売上高全体に占める割合は63%
  • 2018年9月通期の売上高、地域別では大中華圏が2割を占めた
relates to アップルのサプライチェーン分析-iPhoneの中国販売
Photographer: Anthony Kwan/Bloomberg
relates to アップルのサプライチェーン分析-iPhoneの中国販売
Photographer: Anthony Kwan/Bloomberg

アップルは2日、「iPhone(アイフォーン)」の中国での需要低迷を理由に、約20年ぶりに売上高見通しを引き下げた。これを受け、アジアのサプライヤーの株価は落ち込み、アナリストによる目標株価引き下げが相次いだ。2018年9月通期では、アップルの売上高全体に占めるアイフォーンの割合は63%。地域別では大中華圏で売上高全体の20%を稼いだ。

  ブルームバーグは、このアップルの発表がアイフォーンの部品供給業者7社の売上高に与える影響を推測するサプライチェーン分析を実施した。

  アップルが売上高の20%を大中華圏から得ていることに基づき、中国でのアイフォーン販売低迷によりサプライヤーの売上高がどの程度リスクにさらされ得るかを推計した。ブルームバーグはアイフォーンが1台売れるごとに各供給業者が受け取る代金に関する推計を使い、これを18年9月通期の販売総数に当てはめた。

Estimated Dollar Content per iPhone

Source: Company Filings, Bloomberg Data, Tech Insights

  サプライヤーの中で売上高全体に占めるアイフォーン関連の割合が最も高いのは米半導体メーカー、シーラス・ロジックで77%と見込まれ、中国で販売されるアイフォーンだけで15.5%と推計される。両割合が最も低いとみられるのはブロードコムでそれぞれ9.4%、1.9%。

Apple Component Suppliers

Estimated % of iPhone-related revenue from China

Source: Company Reports, Bloomberg Data

  アイフォーン部品供給業者の一角、ジャパンディスプレイ(JDI)の10-12月期売上高について、アナリストらは現在、53%増の2935億円を見込む。ただこの4週間で予想は下方修正されている。同社は、売上高全体のうち中国で販売されるアイフォーンからの割合が8.2%と推計される。JDI株は、アップルが売上高見通しを下方修正する前としては最後の取引日に当たる昨年12月28日から今年1月9日までに1.4%下落。

原題:Apple Suppliers Face China iPhone Sales Exposure (Correct)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE