コンテンツにスキップする

パウエルFRB議長:大統領から会談の提案ないーあれば当然会う

  • 「FRB議長が大統領と会談するのは当然のこと」-パウエル氏
  • トランプ氏は数カ月間にわたりパウエル議長を批判してきた

米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は10日、トランプ大統領から会談の提案をまだ受けていないことを明らかにした。ホワイトハウスは、トランプ氏が数カ月間にわたって批判の矛先を向けていたパウエル議長と会談する可能性を示唆していた。

  パウエル議長はワシントンのエコノミッククラブで、まだ会談の招待はないが、もしあれば断るべきではないと発言。「FRB議長が大統領と会談するのは当然のことだ。私が覚えている限り、これまでのFRB議長は大統領と会ってきた。会談はまれになる傾向にある」とし、「ホワイトハウスからの招待を断った議長は記憶にないし、断ることは不適切だと思う」と述べた。

  ブルームバーグ・ニュースは昨年12月21日、トランプ大統領は株価急落を巡りパウエル議長への不満を募らせ、解任を話し合ったと事情に詳しい関係者からの情報を引用して伝えていた
 
原題:Powell Says No Trump Invite Yet and He Would Meet With President(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE