パウエルFRB議長、金融当局は辛抱強く、様子見へ

米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は世界のリスクが国内経済にどのような影響を及ぼすのか米金融当局は見極めているとし、金利を再調整する前に辛抱強くあることが可能だと述べた。

  パウエル議長は10日、ワシントンのエコノミッククラブでの質疑応答で、「当局は辛抱強くかつ柔軟で、進展を見守ることができる状況にある。しばらくは様子見だと考える」と発言。「われわれが辛抱強くかつ状況を見守り、様子を見ると想定するべきだ」と述べた。

  パウエル氏は当局がバランスシート正常化のプロセスを堅持していると発言。これを受けて、米株式相場は下げに転じる場面もあった。これは10年前の金融危機およびリセッション(景気後退)時に景気てこ入れ目的で導入された刺激措置を取り除くことを意味する。

  議長はバランスシートについて、「今よりもかなり小さくなるだろう」が、危機前よりは大きなものになると指摘。正確な水準は分からないと話した。

パウエルFRB議長

写真家:Al Drago / Bloomberg

原題:Powell Says Fed Waiting and Watching With Patience on Rates (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE