コンテンツにスキップする
Photographer: Javier Blas/Bloomberg

サウジが記者殺害事件後で初の起債、75億ドル調達-応募3倍超

Participants sit beside empty seats on the opening day of the Future Investment Initiative (FII) conference at the Ritz Carlton Hotel in Riyadh, Saudi Arabia, on Tuesday, Oct. 23, 2018. Saudi Arabia planned to announce a raft of deals in energy and base metals at its signature investment forum even as it struggled to overcome international outrage over the killing of a government critic.
Photographer: Javier Blas/Bloomberg

サウジアラビアは9日、国際市場で75億ドル(約8120億円)相当の債券を発行した。サウジ出身のワシントン・ポスト紙コラムニスト、ジャマル・カショギ氏殺害事件後初の起債で、投資家の購入意欲が注目されたが、応募は275億ドルと3倍余りに上った。

  今回のサウジの起債のうち、2029年償還の10年債(40億ドル相当)の利回りは米国債利回りに175ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上乗せした水準、31年債(35億ドル相当)は同230bpの上乗せで、それぞれ発行された。

Saudi bond yields now lower than levels before Khashoggi's murder

原題:Saudis Lure Investors to $7.5 Billion Debt After Khashoggi (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE