コンテンツにスキップする
Photographer: Thomas Lohnes/Getty Images Europe

ドイツ銀、悪材料止まらず-第4四半期は赤字か

  • 脱税事件の関与で訴えられ、顧客審査見直しで当局が異例の期限設定
  • 悪いニュースが続出、ゼービングCEOの再建手腕も脅かす
FRANKFURT AM MAIN, GERMANY - NOVEMBER 29: Police cars stand at the corporate headquarters of Deutsche Bank on November 29, 2018 in Frankfurt, Germany. German law enforcement and tax authorities raided the offices today, reportedly over suspicions of tax evasion and money laundering. (Photo by Thomas Lohnes/Getty Images)
Photographer: Thomas Lohnes/Getty Images Europe

ドイツ銀行はまず本店の捜索、次に世界的な株安に見舞われた。クリスティアン・ゼービング最高経営責任者(CEO)を襲う悪いニュースは、まだまだ終わりが見えない。

ECB President Draghi And Financial Leaders At European Banking Congress

クリスティアン・ゼービングCEO

Photographer: Alex Kraus/Bloomberg

  10日は銀行業界全体に及ぶ脱税スキームの関連で訴えられたほか、監督当局が顧客審査を見直すよう異例の期限を設定したとの報道が流れた。今週初めには、ドイツ銀は他の銀行とともに高リスク融資合計12億ドル(約1300億円)余りについて昨年終盤に投資家への売却に失敗し、処分に行き詰まっているとの情報も浮上した。

  ドイツ銀が過去数年間に経験した苦難に比べれば、最近の個々の悪材料は小粒ではある。だが、悪いニュースが次から次へと出てくるため、ゼービングCEOの再建手腕への信頼を脅かしつつある。

  マインファーストはドイツ銀と協議した後でまとめた今週のリポートで、同行の10-12月(第4四半期)は債券資本市場と債券販売・トレーディングを中心に厳しかったと指摘。UBSグループはドイツ銀の10-12月期決算が赤字になると予想する。

  マインファーストはドイツ銀の10-12月について「貸倒引当金が過去数四半期に比べて増加した公算が大きいと理解している」との見方も示した。

原題:For Deutsche Bank, the Trickle of Bad News Just Doesn’t Stop(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE