コンテンツにスキップする

アメリカン航空株が急落、2018年利益が予想に届かない見込みと発表

  • 調整後1株利益4.40-4.60ドルに-従来予想は最大で5ドル
  • デルタも1週間前に価格設定指標の見通し引き下げ

10日の米株式市場で、アメリカン航空グループの株価が急落。他の航空株もつれ安となった。アメリカンは2018年の利益について、国内の不振で予想に届かないもようだと明らかにした。

  経済的な不透明感で需要が脅かされる中、米航空各社にとっては見通しが一段と暗くなる格好となった。デルタ航空が最近、価格設定力を示す主要指標の見通しを引き下げており、悲観的な決算シーズンへのきっかけを作っていた。航空各社の決算は来週から始まる。

  ニューヨーク時間午前10時41分現在、アメリカンの株価は9.1%安の30.38ドル。S&P500種株価指数の航空株指数は4.5%の値下がり。

  アメリカンが規制当局に届け出たところによると、昨年の調整後利益は1株当たり4.40-4.60ドルになったもよう。従来予想は最大で5ドルだった。アナリストの予想は4.62ドル。

原題:American Sinks, Dragging Down Airlines Amid Gloom Over Fares (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE