ブラックロックが世界で500人削減、全体の3%-不透明感強まる中で

Photographer: Bess Adler/Bloomberg
Photographer: Bess Adler/Bloomberg

資産運用会社の米ブラックロックが世界で従業員の3%を削減する。2016年以来で最大規模の人員削減となる。

  ブルームバーグ・ニュースが閲覧した社内メモによると、同社は数週間内に約500人を解雇する。どの部門が人員削減の影響を最も受けるかは明記されていない。

  社内メモの中でロブ・ カピート社長は「市場の不透明感は強まっており、投資家の選好も変化している。当社が事業を手掛けている環境は一段と複雑化している」と説明している。

  ボラティリティーの高まりで相場が荒れ、投資家が手数料の低いファンドに資金を移す中で資産運用会社は圧力にさらされている。ブラックロックの昨年9月時点の従業員数は約1万4900人。

原題:BlackRock to Cut 500 Jobs, 3% of Workforce, Amid Market Turmoil(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE