トランプ氏はダボス会議への出席取りやめ、政府機関閉鎖を理由に

更新日時
  • ムニューシン財務長官は会議に出席する計画-関係者
  • 政府機関の一部閉鎖は20日目に入ったが、合意成立の兆しはない

トランプ大統領

Photographer: Zach Gibson/Bloomberg
Photographer: Zach Gibson/Bloomberg

トランプ米大統領は10日、スイス・ダボスで今月開催される世界経済フォーラム(WEF)年次総会(ダボス会議)への出席を見送ることを明らかにした。政府機関の一部閉鎖を理由に挙げた。

  トランプ氏は「国境警備に関する民主党の強硬姿勢とわが国の安全の相当な重要性を鑑み、私は極めて重要なスイス・ダボス訪問を謹んでキャンセルする」とツイートした。

  米代表団にはポンペオ国務長官やムニューシン財務長官、ロス商務長官、ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表らが名を連ねている。トランプ大統領は欠席を決めたが、ムニューシン長官はより小規模な米代表団とともに会議に出席する方針だと、同長官の計画に詳しい関係者2人が語った。

  政府機関の一部閉鎖は10日で20日目に入ったが、合意が成立する兆しはない。

原題:Trump Cancels Trip to Davos Gathering as Shutdown Grinds On(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE